第3回けんしん的M;tGカード紹介 - どちらかというと ひだりよりみぎ

どちらかというと ひだりよりみぎ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 未分類 > 第3回けんしん的M;tGカード紹介

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.29 Thu 第3回けんしん的M;tGカード紹介

三回目にして、ついにタイトルが付きました
暫定ですが(∵)

それでは早速参ります
今日のカードはこちら!

island20sanctuary.jpg

Island Sanctuary / 孤島の聖域 (1)(白)
エンチャント
あなたのドロー・ステップの間にあなたがカードを1枚引く場合、代わりにあなたはそのドローを飛ばしてもよい。そうした場合、あなたの次のターンまで、飛行か島渡りを持つクリーチャーしかあなたを攻撃できない。


何で今回はこのカードなのかと言うと、
単純にこのカードがM;tGのカードの中で一番好きだからです。

このペガサスが孤島から飛び立つイラストが素晴らしすぎる!

そしてカードの名前が日本語で孤島の聖域、英語でIsland Sanctuary
かっこよすぎる!

そして、カードの効果が僕の大好きなコントロール寄りで、
ロック系、ライブラリーアウト系デッキに使いやすい効果です。

相手に何もさせずに蹂躙するのは、一度やるとクセになりますよ。
と同時に、友達なくしますけどね(∵)

ドローしない場合だけ効果が発動するのも素晴らしいですね。
普通こういう効果のカードは永続的にデメリットが発動するんですが、
自分に選択権があるのが強い!

そして、このカードのドローを飛ばす効果がデメリットにならない事が多々あるのが強い!

ドローを飛ばす行動をメリットとして扱える場合もある。
ロック系のデッキで、ロックが完了したあとにこれでドローを飛ばし続けると、
相手からの攻撃を防ぎつつ自分のライブラリーアウトを防ぐことができる。
と言うより、そもそも相手次第ではこれだけでロックできてしまうこともある。 (M;tG Wiki参照)

要するにロックして、ライブラリーアウトさせるためにはもってこいのカードってことですね。

あぁ、コントロールデッキで相手をグギギギギって言わせたい。
カウンターしまくって、神の怒りで場を流して、ファッティだしてボコボコにしたい!
スポンサーサイト

Comments

name
comment
shio : URL

#n45FBlFM Edit  2010.07.29 Thu 18:49

これだけでロックされてしまいそうな自分です

2マナシングルシンボルってのも強いですね、2マナカード1枚でロック完成となるとなかなか辛いです
moatなりテフェリーの濠なり似たのはありますが、ロックで2マナという低さでテンポを失いにくいのはやはり強みですかね

けんしん : URL

#- 2010.07.29 Thu 20:16

>>塩君
テンポ失いにくい上に、吠えたける鉱山も2マナだからコンボが完成させやすいよね
しかも、ハルマゲドンが現役だし、冬の宝珠とかもあったしねぇ

よく考えたら、今はクリーチャーが馬鹿みたいに強いけど
昔はスペルとか、エンチャント、アーティファクトが馬鹿みたいに強かったね

そんな僕はアーティファクト大好きなので、次のエキスパンションでミラディンブロックが帰ってくるのがすごく楽しみでなりません^^

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。